トップページ > ノーズパル®の安全性

ノーズパル®の安全性The Safety of NOZEPAL®

ノーズパル®は、以下のように様々な安全性関連法規や毒性試験などにおいて、最高レベルの安全性が実証されております。 安心してお使いいただけるよう、常にクオリティの保持につとめてまいります。
これは弊社ノーズパルのみに証明されたものです。

全製品消臭剤・粉塵沈降剤として安全性関連法規の基準値に合致

ページトップへ戻る

ノーズパル主成分に関する社外委託毒性試験データ委託試験所:Huntingdon Life Sciences Ltd.


報告書番号
日付
供試試料の温度 試験名称 試験方法・結果
87981D/DIC80/AC
1987.9.14
主成分を希釈せずそのまま試験。
◎極めて高濃度
ネズミに対する急性経口致死毒性試験 ノーズパル主成分の急性経口致死毒性は、16000mg/kg(体重)以上。
(試験法:OECDの化学品試験指針No401)

この試験法で5000mg/kg以上の場合低毒性と判定される。
87982D/DIC81/AC
1987.9.14
主成分を希釈せずそのまま試験。
◎極めて高濃度
ネズミに対する急性経皮致死毒性試験 ノーズパル主成分の急性経皮致死毒性は5000mg/kg(体重)以上。
(試験法:OECDの化学品試験指針No.402)

この試験で2000mg/kg以上の場合低毒性と判定される。
87983D/DIC82/AC
1987.9.14
主成分の100倍水希釈液
◎使用可能濃度
主成分100倍水希釈液
急性経皮致死毒性試験
100倍希釈水溶液も主成分と同じ結果を得た
(同上試験法による)。
87824D/DIC85/SE
1987.8.24
主成分の100倍水希釈液
◎使用可能濃度
ウサギの眼への急性刺激性と腐食性試験 6羽の試験動物のいずれからも、陽性反応を誘発しなかった。
(試験法:OECDの化学品試験指針 No.405)
87774D/DIC83/SE
1987.10.26
主成分を希釈せずそのまま試験
◎極めて高濃度
ウサギの皮膚への急性刺激性と腐食性試験 試験動物を半閉塞条件で、その皮膚に塗布し、4時間放置したが炎症を誘発しなかった。(感作性なし)
(試験法:OECDの化学品試験指針 No.404)
87775D/DIC84/SE
1987.8.24
主成分の100倍水希釈液
◎使用可能濃度
ウサギの皮膚への急性刺激性と腐食性試験 100倍希釈水溶液も主成分と同じ結果を得た。
(同上試験法による)
DIC86/87864
1987.9.4
主成分を希釈せずそのまま試験
◎極めて高濃度
変異原性を判定する微生物学的突然変異の活性試験・エームズテスト 採用された細菌系で試験する場合には変異原性を有しない。
(試験法:OECDの化学品試験指針 No.471に日本の厚生労働省の基準を付加(サルモネラ菌5種、大腸菌1種)
(注):表中のOECDとは経済協力開発機構を指す。

ページトップへ戻る

その他の毒性実験

報告書番号
日付
供試試料の温度 試験名称 試験方法・結果
第19040931-2号
昭61.4.28
所定量の主成分を水中に添加 ヒメダカによる24時間及び48時間の半数致死濃度(LC50) LC50値は、24時間後が50000ppm、48時間後が17500ppmで、魚毒性は極めて低いと判定された。

(試験法JIS K-0102の「魚類による急性毒性試験」)
第62-38号
昭62.7.1
通常消臭剤としての使用濃度の100倍~1000倍 活性汚泥、肥料、主成分、土壌を混合し、コマツナを播種し、生育状況を観察。 主成分の水溶液添加区と無添加区との間に、発芽開始日や発芽後の生育に有意な差や、いずれも異常症状は認めなかった。

(試験方法:受託試験機関の標準的試験方法による)
第62-52号
昭62.8.4
主成分の150倍
水希釈液
主成分の150倍水希釈液 活性汚泥、主成分水溶液、火山灰土壌の27℃で7日間、14日間、35日間後のアンモニア性と硝酸性の窒素含有量の変化を定量分析する。 活性汚泥のみ混合の対象区と、主成分も添加した試験区のそれぞれの混合土壌の活性汚泥分の無機化作用の間に有意の差は認められなかった。
(注)ノーズパルの主成分の超高分子化合物は、活性汚泥の曝気槽に加えても分解されるので効果はありません。

(試験法:受託試験機関の標準的試験法による。)

試験内容と委託した試験所
  ■ 魚毒実験 : 財団法人日本食品分析センター
  ■ 植物の発芽と生育に対する影響下に関する試験 : 財団法人日本肥糧検定協会
  ■ 土壌中に下水汚泥と共に混入した時の無機化試験 : 財団法人日本肥糧検定協会

※なお下記試験結果は弊社が独自に実験または依頼して得られたものであり、本結果を無断で転用・転載を禁じます。
 また無断で転載などをしている業者等を発見した場合は、弊社までご一報下さい。

ページトップへ戻る


SITE MENU

Copyright© 1987- ESPO Chemicals.Corporation All Rights Reserved.