トップページ > 事業マップ > 防カビ・防藻・除菌・NV工法

防カビ・防藻・除菌・NV工法Mold prevention/Algae prevention/Sterile filtration/NV method of construction

防カビ・防藻・除菌のNV工法とは

「カビ」は人間の生活空間のありとあらゆる場所に存在します。
放置すると空気中に胞子が飛散し・・吸引するとアレルギー症状など健康阻害や生活環境の悪化が懸念されます。
カビが発生しそうな部分や場所にエスポの防カビ技術が効果を発揮します。

NV工法の特徴   メリット
★塗料の速乾性:約30分(通常1〜2時間) 塗装作業の時短=作業コストの削減
★乾燥後は無臭化 人体への影響の軽減
★抗菌力の長期持続 薬剤使用量のコスト削減
★防カビ薬剤の低毒化 作業員への影響軽減
 
NV工法の洗浄・防カビ・抗菌・消臭技術は、 いろいろなニーズに対応します

微生物による施設・設備汚染の除菌・抗菌・洗浄ビジネス

卓越した防カビ・防藻効果と持続性

水不溶性防カビ剤、防藻剤の原体を超微粉砕した分散性が優れた製剤です。
微細分散した防カビ剤が長期間防カビ・抗菌効果を持続します。

施工前:黒カビ確認
施工後:抗菌塗装壁面

NV工法・防カビ塗装工事(施工場所)食品工場

防カビ施工1年後にフォロー・観察をしました。
周囲4面および天井でのカビの発生は確認できませんでした。

施工前   施工直後   施工1年後
@作業前:天井の汚れ 防カビ塗装後:天井の仕上がり 1年後
A作業前:天井の汚れ 防カビ塗装後:天井の仕上がり 1年後
B洗浄前:壁の汚れ 防カビ塗装後:壁の仕上がり 1年後


安全性について

◆弊社使用の防カビ剤・抗菌剤には有機ヒ素化合物は一切使用しておりません。

 SDS(MSDS)をご用意していますので、エスポ化学までお問合わせください



カビの培養・同定実験(動画)

「エスポ化学製防カビ剤」を接種した基材と、接種していない基材へのカビ培養比較実験の様子を
ビデオと写真にて紹介します。

防カビ剤塗装の様子 基材(ボード・クロス)にカビを接種
[第1段階]
クロス1枚,ボード1枚に防カビ剤を塗布し、
乾燥させます
[第2段階]
4枚全てにカビ菌液を接種します
恒温槽にてカビ増殖を継時観察 実験結果
[第3段階]
“防カビ剤+カビ菌”塗布後のセットと
“カビ菌”のみ接種のセットを
恒温槽に入れます
[最終段階]
セット後10日後の様子と、
17日後の結果です
   
手順1【基材】ボード(板)を2枚、クロス(壁紙)を2枚用意
          @1枚のボード(板)&1枚のクロス(壁紙)防カビ剤を塗布し乾燥させます
          A残ったボード(板)クロス(壁紙)防カビ剤未塗布です
          B次に、全部(4枚)のボード(板)クロス(壁紙)にカビ菌を接種します
手順2【温度・湿度】
         
C密閉容器に試験片を入れて、28℃、湿度95%以上の恒温槽内に10日間放置
          D全4枚のボード(板)クロス(壁紙)の変化の様子を継時観察する


防カビ製品


下地処理用除菌剤 (防カビ剤入りアルコール)
 :石油缶(16kg)
 【商品名】 エスポNV−102(屋内用)
       エスポNVー103(屋外用)

防カビ・防藻塗料(着色)
 :石油缶(16kg)

 【商品名】 エスポNV−FG(内部防カビ用)
       エスポNV−AM(外部防カビ防藻用)

高い防カビ効果を有する高機能性トップコート
 【商品名】 エスポTC−FG(屋内用)
       エスポTCーAG(屋外用)

水性塗料用機能性防藻防カビ剤
  :(300g/ポリ瓶)
 【商品名】エスポNV-5 ※12本/箱

エマルジョン塗料用防藻防カビ剤
  :(300g/ポリ瓶)

 【商品名】 エスポNS ※12本/箱

空調機用コート:バックインボックス(4kg)
 【商品名】ラングパルAC

メンテナンス用防カビ剤
  :(10リットル/バックインボックス)

 【商品名】 ラングパルFL/50

ゴムパッキン用防カビ剤
  :(5Kg・20Kg/バックインボックス)
 【商品名】エスポGS

ページトップへ戻る
お問い合わせフォームはこちらから

ページトップへ戻る


SITE MENU

Copyright© 1987- ESPO Chemicals.Corporation All Rights Reserved.